スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

【居場所】とは、人との関係性の中にあるのだ

ハンセン病についてのミニ講演会に参加し 映画『あん』を見ました。

ニュースやドキュメンタリー番組を通して 「ハンセン病」「らい」という名前は耳にしたことがあったけど 歴史的背景やハンセン病患者が置かれている現状について 知識がなかった。

東京都主催の無料イベントに当選した、という理由で出かけていったわけだが 気になっていた映画見に行く、くらいの軽い気持ちでいた。

映画の前に、国立ハンセン病資料館の学芸員の方が 30分の講演をしてくださった。



その話の中で、はじめて知ったことがたくさんあった。

・国策として、ハンセン病患者が隔離されたが、そこは社会復帰が目的ではなく、閉じ込めることが外界との関係を遮断することが目的だった。 ・療養所とは名ばかり。逃げれば監禁された。 ・入所した時に持っていたものは全て没収。お金は療養所内だけで使える「園内通用券」に換えさせられた。 ・現在では有効な治療薬が開発され、早期発見、早期治療をほどこせば完治する。 ・国が対策の誤りを認める判決がでるなど、近年ハンセン病回復者をめぐる状況は変わっているが、偏見は無くなっていない。 ・すでに完治している人も、高齢化していることもあり生活と医療は療養所しかなく、回復者・家族・社会の結びつきの再生が大きな課題。




治療薬がなかった時代は、容姿が変形してしまったり、治っても重い後遺症が残ることから、当日は今以上に偏見が強かった。 関わりを絶たれることで、「知らなさ」に拍車がかかり そのことがさらなる偏見をうみ、共生を阻むのだということがわかった。



ハンセン病とは その歴史的背景とは 現状とこれからの課題


などを丁寧に解説していただいた。 講演を聞いて感じたことは 心にずしりと留まった。



その後に見た、河瀬直美 監督の映画「あん」は 生きずらさを抱える登場人物たちが ささやかな交流を通して 命とは、人生とは、と自らに問う内容。

静かな時の流れの中で 生きる意味を模索するその姿を通して 私自身の”今”を考えずにはいられなかった。


(あの人に、まだ伝えていない言葉があるな。会いたいな。) (本当の気持ちを誤魔化して、逃げていたな。恥ずかしい。) (優しさってなんだろう。)

脳裏にいろんな言葉がよぎった。





いま、こうしてブログを書きながら振り返ると 『【居場所】って、物理的な場所、という意味ではなく 人と人との関係性の中にあるのだろうな』
と思った。



この映画、たくさんの人に見てもらいたいな…

最新の投稿

こうでなくっちゃ、演劇作家。変態性、存分に発揮されて。

サムギョプサルな宵の口《minimum story》

”偏愛”への愛

心の準備は終わりがないから、まずはやると決めたわけだ

見たことを思い出すだけで感情がひっぱりだされる

【月刊 関口満紀枝】2017年末に『まつり的な』公演やります!!

2017年初日から父の一言が刺さりました。

柔道と仕事、心がけていることは同じ。

弟子にしない!ときっぱり断られて気づいたこと

”才能”があるかないかに囚われず、目標を達成する方法とは?