2017年初日から父の一言が刺さりました。

母がいけた花、父の手描き(蛍光ペン)の”賀正”。


手作り感溢れるおもてなしに心が和みました。



実家で過ごす元旦。
食べて飲んでしゃべって笑って。
楽しく過ごしていたところへ、突然、父が一言。


「やりたいことをやれているよね。羨ましいよー。友人も応援してくれているんでしょ?我ら家族も反対していないし、好きなようにすればいいと思っているしね。夫や子供もいない。何にも縛られていない。才能もある。なのに、充分な結果が出ていないよね。
なんでかね。
それはねー、ただただ努力が、圧倒的な努力が足りていないと、思っていたよ。」



わお。
いきなりの一撃。


しかも「思ったよ」ではなく「思っていた」と。

(そか。ずっと思ってたか、、、)



さらに続きます。



「全ての条件が整ってるんだから、あとはやればいいだけだよねー。今年こそやってねー。」

ニコニコして言い放つ父。



はいっ。やります。私もそろそろかなー、って思ってたんで。





家族の力は偉大です。
遠慮なし、直球。


それは愛なのだ。
愛には最大級の喜びで
お返ししたい。





遊ぶように、楽しみながら
いい作品を創りたいです。



やったるで❗️







コメント

このブログの人気の投稿

【月刊 関口満紀枝】2017年末に『まつり的な』公演やります!!

心の準備は終わりがないから、まずはやると決めたわけだ