サムギョプサルな宵の口《minimum story》


サムギョプサルが好きだ。

軽快な音を立ててはぜる豚肉の脂、温まった酸っぱ辛いキムチ、焦げ目のついたニンニク。
ぶたのキャラクターが描かれたTシャツの袖をまくりあげたお兄さんが、素早く豚肉をカットし鉄板の上に重ねていく。


肉とキムチと辛みそのバランスをどうしてやろうか。
今日は贅沢に2枚いっぺんに巻くのもいいな。


私はちらりと向かいに座っているヒロシくんの顔を見た。


真剣なまなざしで箸を操り、慎重に具材を選んで、手早くサンチュで巻いていく。
大きな手の平に広げた緑の中に、香ばしいキツネ色の肉、朱色のキムチ、栗色のニンニクが包まれていく。
巻いては食べ、食べては巻き、そしてまた次のサンチュに手を伸ばす。


そのテンポの良さに、手際の良さに、私の手が止まる。


とっても美味しそうに楽しそうに食事をする人だな。


そういえば、さっきから会話は止まっている。言葉を発することすら惜しむように、ただただ口の中に放り込んでいく。



「どした?」
私は首を横にふり、下を向く。
口元ばかりを見つめすぎた。
どうしよう。変に思われたな、きっと。


でもどうして今日なんだろう。どうして今日、サムギョプサルなんだろう。
せっかく春らしいオフホワイトのワンピにしたのに、どうしてこの店なんだろう。
匂いもつくし、シミがついたらやだし。
ニンニク臭くなるのもな。


ちょっと、いや、かなり落ち込んだ。
もっとおしゃれなお店に連れて行ってくれると思っていた。
だって、デートだよ?
初めてふたりでのお出かけだよ。


やっぱり脈がないのかもな。
もし私のことを好きで、これから付き合いたいと思っているなら
もっと違うシチュエーションのお店を選ぶよね。

イタリアンとか、夜景がうりのレストランとか、港までドライブして湾岸クルーズとか。
そういうのがデートだよね。


大好きな肉料理だけど、大好きなサムギョプサルだけど。
食欲が湧いてこない。

脈、ないのか。。。。



頭の上から声がした。
「ほい」
顔をあげると、目の前に緑の包みが差し出された。
ヒロシくんの顔を見る。
目が合うと、顔いっぱいに笑顔を広げて、もう一度その包みを私の鼻先へ差し出した。

「ほれほれ」

私はゆっくりと口を開けた。
そこに彼の指が滑り込んできて、口いっぱいに美味しいが満ちた。





ふーん。。。。





ヒロシくんの目を見つめながら、ゆっくりゆっくり噛み砕く。



私が食べさせてもらったものには、きっといろいろが含まれている。
ヒロシ。やるな。







私たちはまだ、夜の入り口にいる。










コメント

人気の投稿